スウェーデン式サウンディング試験(ss試験)

日鉄住金スラグ製品株式会社 広畑事業所 > 地質調査事業 > スウェーデン式サウンディング試験(ss試験)

スウェーデン式サウンディング試験(ss試験

 スウェーデン式サウンディング試験(ss試験)は、荷重による貫入と回転による貫入を併用した原位置試験であり、土の静的貫入抵抗を測定し、その硬軟または締まり具合を判定するとともに地層構成を把握することを目的としています。

 主に、住宅などの小規模な建築物の基礎地盤の調査に多用されます。試験方法は、スクリューポイントをつけたロッドに100kgのおもりを載せ、回転させることによって貫入し、回転数と沈下速度を測定します。

 弊社では下の写真にあるように、全ての試験に於いて自動制御の試験機を使用しているため、人為的誤差のない正確な調査結果を御提供できます。 

 

 

スウェーデン式サウンディング試験(ss試験)

 

スウェーデン式サウンディング試験(ss試験)説明